So-net無料ブログ作成
検索選択
Books&Magazine ブログトップ
前の7件 | -

ウルトラマンになった男(古谷 敏)=ウルトラマンだった男は、アマギ隊員だった [Books&Magazine]

2010(平成22)年5年23日(日)

 朝日新聞の5月5日のコラム「五線譜」に『帰ってきたぞ ウルトラマン』」として、ウルトラマンのスーツ・アクターだった古谷敏(ふるや・さとし)さんが取り上げられていた。

 この記事をきっかけに、早速「ウルトラマンになった男」(古谷敏、小学館)を図書館に予約した。幸い、この記事に触発された人が少なかったのか、それともすでに古谷氏がこの本を上梓していたことは周知のことだったのか、5月9日には手元に受け取ることだできた。通勤電車の中で読んだ。

 ウルトラマンの着ぐるみに入り、時には生命の危険を冒しながら、撮影に臨んでいたのは、東映15期ニューフェイスだった「古谷敏(ふるや・さとし)」さんであった。石井伊吉(毒蝮三太夫)は毒舌のイメージがあるが相談相手、仲人でもあるいい人、ウルトラマンのポーズは、古谷氏が何回となる練習し習得したもの、ウルトラマンの着ぐるみは3つあることなど、当時のことが断片的であるが、当事者の視点で書かれている。

 『ウルトラセブン』終了後は、怪獣ショーのプロダクションを起こしたが、91年には廃業し、その後はビル管理会社で働くなど、苦労しただけあって「自分が大変な時でも、人にやさしくしよう、あの時(注:会社を清算したとき)、あらためて思った。」と人に感謝する言葉が随所にある。

 小さい頃に見たテレビブラウン管の向こうで活躍した出演者たちも、その時々でその人生を生きたいたことをあらためて感じる。
 いつでも私にとっては、芸名でも本名でもなく、憧れた番組中の役名が彼ら、彼女らの名前であり、私の思い出でもある。

人生には思い通りにならないことも多い。それに、悲しくてやりきれないことも時に起こる。でも、みなさんに励まされ、僕は生きている、つくづくそう感じました。p262より


夢・我が人生

男のロマン
男の夢
全て叶えてくれた
ウルトラマン
ウルトラマンをやってよかった
いつかはぼくも光の国に帰るときが来る
その時は
ウルトラマンが迎えに来てくれると思う
うれしいね
僕の最後の夢だね
2009年12月 古谷 敏
最後のページ



ウルトラマンになった男
古谷 敏
小学館 ( 2009-12-21 )
ISBN: 9784093878944
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


nice!(0)  コメント(0) 

海峡を渡るヴァイオリン(陳 昌鉉)=自分の成長と母の物語 [Books&Magazine]

2010(平成22)年5年19日(水)

 世界屈指のヴァイオリン製作者である陳昌鉉(チン・チャンヒョン/ちん・しょうげん)の人生と、妹とともに韓国に残った母(千大善)の物語。

仕事へ向かう通勤時間を利用して読んだ。小さいころのヴァイオリンとの出会いが、苦労を経て自らの一生涯の仕事なるまでの、驚くほどの一途な人生がそこにはあります。

 在日韓国人として、幾多の差別を受けながらも、人の縁に恵まれながら、とうとうヴァイオリン製作者としての名声を獲得します。その間、戦後の朝鮮における戦争、分断、内政など政治的な状況の中で、古いタイプの母は、一途に子どものために、時には乳をもらいに走り、時には仕事をしながら家族を支えていく。

 朝の通勤時間帯で読み終えましたが、ラスト数ページ部分は、特にこみ上げてくるものがあります。

 読み終えたときに、リリー・フランクの「東京タワー」を思い出してしまった。
 その違いは、日本人と韓国人、成人となってから一緒に生活したかしないか、結婚まで至らなかったか妻子がいたか、などです。
 
 親不孝な私ですが、近いうちに母の姿を見に、実家に行くと思いました。

東洋のストラディバリ 陳昌鉉長野県の木曽町公式サイトより)
 木曽町との関わりや陳氏のエッセイが掲載されています。


nice!(0)  コメント(0) 

二人の天魔王-「信長」の真実 [Books&Magazine]

2010(平成22)年05月09日(日)

 二人の天魔王-「信長」の真実(明石散人・小机種彦 著)を読む。(5月5日読了)

 信長に対する我々の大きく変えるものあった。
 
 簡単にいうと、信長は、戦国時代の優れた戦術家ではあるが、先々の戦略のない優柔不断な男で、単に足利義満、足利義教の先例を踏襲したに過ぎない男である、というもの。
人間的には親しみを持つが、信長よりも宗教界の支配し、南朝を滅ぼし、関東管領をも恐れさせ、実質的に室町幕府の体制を完成させた足利義教に興味が湧きました。信長に限らず、秀吉も家康も足利義教が築いたシステムを利用しているという点からも気になります。
 
 論理的に飛躍しているのでは、と思える部分もありますが、「歴史推理小説」として読んでも楽しめるものです。

紹介リンク(メディアマーカーへ)


二人の天魔王「信長」の真実 (講談社文庫)

二人の天魔王「信長」の真実 (講談社文庫)

  • 作者: 明石 散人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/09/06
  • メディア: 文庫







nice!(0)  コメント(0) 

意欲だけは、前向きです(日経アソシエ 20100420号) [Books&Magazine]

2010(平成22)年4月28日(水)

 世の中のことを学び、投資活動に役立てたいと購入しました。
 玉石混合の書籍のなかで、旬のものを知ることが出来ました。読んだ本も結構あり、そのうちブログにアップしたいと思います。

 そして、ゴールデンウィーク期間中は、最低でも3冊程度は、読みたいものです。






nice!(0)  コメント(0) 

文具をどのように活用するかは、永遠のテーマです [Books&Magazine]

平成22(2010)年4月13日(火)
 やはり購入してしまいました。
「文具活用術」という特集が気になり、書店で立ち読みしたものの、手元に置いておきたくなり、コンビニで購入。いろいろな方々の活用術やら新製品の紹介など、物欲を刺激する内容でした。読後、誘惑に負けそうになりましたが、今はこらえています。






nice!(0)  コメント(0) 

株で勝つ(ピーター・リンチ) [Books&Magazine]

2010(平成22)年03月14日(日)

株式投資にあたって,必読書として必ず名前のあがる「ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け 」を読んだ。

その中から,印象深いところを引用する。


◇利益を見通し,財務状況,競争上の位置,成長計画などなどについての宿題を済ます前には決して投資をしてはいけないのである。(p11:ミレニアム版への序章)
◇株価が上がってなおそれを持ち続けるのは,得てして下がった株を信じ続けるよりも難しいことだ。この頃私は,売り急ぎそうに感じたら,なぜこの株を買ったかという初めの理由を思い起こすように努めている。(p287:第17章・売り買いのベスト・タイミング)
 
 この十分な事前調査の有無が,「投資」「投機」「ギャンブル」の違いかもしれません。調査して,この株を買う(会社の所有権の一部を取得する)ことが必要とときます。この準備が,株の売り時には,「なぜその株を買ったか」「今売るか,保有を継続するか」と自問自答し判断するときの材料にまります。


◇この際,あり得ないことながら,インディアンが装身具を現金に換え,24ドルを複利計算で得年利8%の金融商品に投資したとしよう。すると現在では30兆ドルをちょっと切るほどまでに膨らみ,最新の不動産情報によるマンハッタン全体の価格281ドルを大きく上回ることになる。(p75:第3章・これはギャンブルなのか?何なのか?)

 有名な投資の複利効果に関しての部分です。もし小さいときにお金を使わずに,預貯金にしていたら,今頃は…思い出の少ない人生になっていたかもしれませんが。一定の収入を得て,社会生活を送っている者は,複利でお金に働いてもらいましょう。


◇(2)お金が必要か
 「万が一失敗したとしても,将来的に見て,毎日の生活に支障のない余裕資金の範囲内で株式投資をすべきだ」(p90:第4章・鏡の前のテスト)

 日常生活があっての株式投資です。借金をしてまでも,株式投資を行うことは,もう投資ではなく,投機・ギャンブルの類になってしまいます。射幸心が煽られないように注意します。


◇第二の何々株と人々が言い出したときは,その株だけでなく,本家のほうもおかしくなり始めるようである。他のコンピュータ会社が第二のIBMと呼ばれるときには,IBM自体がすでにまずい時期に入っていた。(p173:第9章・私が避ける株)

 第二の××は,株や会社,そして芸能人(とくにアイドル系やお笑い系の方々)をはじめ,いろいろな分野でも言われますね。


ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター リンチ, ジョン ロスチャイルド / ダイヤモンド社 ( 2001-03 ) /アマゾンおすすめ度


タグ: 投資
nice!(0)  コメント(0) 

忘れられない本の一冊 [Books&Magazine]

 現在,ブログの引っ越しをコツコツと行っている。

(手順)
 ・過去の記事の管理から,1件づつコピーペースト
 ・「記事URL」「日付」は,基本的には従前のまま
 ・So-netブログに移行・登録確認が済んだ時点で,削除
 ・この繰り返し

 そうした中で,これまでの人生で忘れらない本に関するブログ記事があったので,改めて今日の記事に上げておく。

◆忘れられない一冊:『日本の喜劇人』(小林信彦)
 ・その1 平成21年8月4日のブログ記事(ココから)
 ・その2 平成21年8月5日のブログ記事(ココから)
 ・その3 平成21年8月6日のブログ記事(ココから)




黒澤明という時代

黒澤明という時代





nice!(0)  コメント(0) 
前の7件 | - Books&Magazine ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。